Qoooのにっきにき209

  • 2014.03.02 Sunday
  • 23:30

遠野紅楼夢、なかなか男の子向けイベントがないという事で東北各地から来ていただいていたようです!
イベント慣れしていない方もたくさんいたようで、なかなか遠慮深い…(*´ω`*)
確かに仙台以北はここ何年か来ていないので、これからはなにかしら参加したいなぁと思っております。

さて、遠野に来たからにはぜひ行っておきたいとこがあるっ!

『河童渕』である(^o^)/

岩手にいたころ、1回来たことがありますがそれはもう20年前。
さぞ河童も増殖していることでしょう(笑

しかしっ!遠野についたのはもう4時少し手前、夕日が傾いております…
いそげ〜っ


着きました〜
澄んだ流れの小さな小川です。

傍には小さな祠がありました。
そしてオス・メスの青い河童の陶製と像が。

祠をのぞくと、お賽銭箱や旅ノート、そして奥にはおじいさんのお写真。(!)

あーっ‼思い出した!
いましたね、そういえば、このおじいさん。
河童渕にいつもいて、観光客など訪れた人たちに話しかけてくれてました。
「おたくさん、どごがらきたのす?」
と私も話しかけられました( *´艸`)
後半は何を言われてたのかよく聞き取れませんでしたが(笑

…そうか、亡くなられましたか。寂しいな…(´・ω・`)
なんか、河童渕を見守る神様みたいね。
それはそれで、頼もしい。きっと、いつまでもきれいな河童渕でいるような気がするよ。
また会いに来るよ!おじいちゃんラブ



近くには河童が売ってる直売所が(オイ
…いなわけないですよ。(;´∀`)

今、遠野では、町ぐるみのひな祭りで盛り上げております!
あちこちの商店や公共施設で室町時代〜現代に伝わるお雛様が展示、公開されております





吊るし雛も有名です。
とてもかわいらしい…(*´ω`*)
うちには男の子しかいないので、こういったものに縁がない…
実家に帰れば、私がもらった7段飾りがあるのですがね。
もし今より広いところに引っ越せれば、引き取りたいなぁ。



遠野のあちこちにはこういった風情のあるお店がたくさんございます。
妖怪と民話の里、ぜひ機会があれば訪れてみてくださいませ。
『遠野物語』を読んだうえで来られると、なお楽しめるかと思います‼
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

参加してます(*´ω`*)

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM